【営業職】K.S(2018年新卒入社)

photo
2018年新卒入社

いつごろ入社されましたか?2018年4月に新卒で入社しました。入社後1年間は研修期間として、いわき工場で勤務をしていました。

工場研修の様子を教えてください。はじめの2ヶ月間は出荷部門で研修をしますが、そこでは商品の最終形を見ることが出来たので、後で経験する製造過程での研修の時に「この作業を経ることで最後はあの形になっていくんだ」とイメージしやすくなったかなと思います。
次に経験したのは製造過程です。ここでは半年ほどかけて、原料の仕込み方や釜の洗い方から製造していくまでの過程を現場の先輩方にくっついて一緒に仕事をしていきます。

最後に技術課で製品の検査などを1ヶ月ほど経験して、本社勤務として戻ってくるイメージです。入社するタイミングによっては多少違うかもしれませんが、僕の場合はそんな感じでしたね。
工場研修中は社宅での生活でしたが、仲の良かった先輩にご飯に連れて行ってもらったり、野球部で一緒に野球をしたりと仲良くしてもらっていました。

photo工場研修を終えてみていかがですか?
今思えば約1年間の工場研修は長いようで短かったですが、本当に必要な経験だったと思います。

製造過程を見たことがない状態だと営業時にお客様から製品への指摘が入ったり、何か問題が起きたときに原因の検討もつかなくなってしまうので、そうした点からも非常に貴重な経験でした。
この会社では少量多品種の製品を扱っているので、1年間では全製品の製造過程を経験しきれなかったのが正直なところです。東京に戻ってきてから、お客様と実際に接する機会が増えて、自分の知識もまだまだだなと感じます。そのため、当時とはまた違った視点から物事を見ることが出来るかなと思うのでもう一度製造課を見てみたいですね。

あと、私の場合は工場勤務中、自転車での生活だったので自然に囲まれながら自転車で適度な運動ができて少し健康になったかなと思います。(笑)

入社の決め手を教えてください。
大学は環境学科の応用化学課といういわば理系の出身だったので「化学に関わるような仕事がしたいな」と思っていました。そう思って10社ほど検討していましたが、城北化学からの内定はかなり早い段階でいただきました。

当時は就活生の「売り手市場」と言われていましたが、実際の売り手市場の業界は運送業や小売業界といった感じで限られていて、化学系の業界はそこまでの売り手市場ではなかった印象です。そんな中で内定をもらえたので、自分のやりたい事とマッチしていますし迷わずに決めたのを覚えています。

入社した印象を教えてください。想像していた以上に化学の知識が必要だったなと痛感します。

少量多品種の製品を扱っているため、多数の化学薬品だけでなく、関わる業界が多いのも特徴だと思います。そのため、お客様の業界のこともある程度知っていなければなりませんし、時にはお客様側の専門スタッフと話すこともあるので高度な知識が要求される場面もでてきます。

現在の営業部は研究出身の方が多く、化学に関する知識も豊富な方たちなので、そこに追いつくためにも必死に勉強しています。社内でも営業部で勉強会をしたり、セミナーや展示会に参加させてもらったりもしています。

photo今の仕事内容について教えてください。
工場研修が終わり東京に勤務して半年程度になりますので、まだ同行営業が中心です。
同行営業は週に3~4回のペースで、社内にいるときは訪問した営業内容のまとめや、会議資料の作成などを行っています。営業部としてもなるべく社外に出て、お客様と接することを目標にしているので、比較的外に出ていることの方が多いですね。

正直まだ営業として独り立ちしているわけではないので、営業の本当の大変さや楽しさというところには触れられていないのかなと思っています。

今はまだまだ勉強することも多く、ついて行くので精一杯ですが、いずれ一人で営業先に行くようになり、先輩達がやっている営業の楽しさなども体験できるのかなと思っています。

自分の成長や変化を教えてください。ある程度は仕事内容も見えてきたことで、どういった勉強をすればいいのかが分かるようになってきました。例えば、お客様と同じレベルかそれ以上のレベルで話が出来なければニーズは引き出せませんし、そのために業界知識や、製品に関する知識など必要な事はたくさんあります。あとは接待での立ち振る舞いも重要だなと感じるようになりました。

城北化学はどんな会社ですか?常に新しい分野に対して積極的に参入しようとしている会社だなと感じます。さまざまなセミナーや展示会などに参加しているので、そうしたところからも新たな分野の足がかりを探しています。

営業部の雰囲気でいえば、周りのことを常に気にかけてくれる方ばかりで、「ここ大丈夫?」といった感じで声をかけてくれる本当に優しい人たちだなぁと感じます。
いつも同行している先輩と一緒に訪問に行けない場合は、他の先輩が連れて行ってくれるのでとても感謝しています。


photo

どんな人がこの仕事に向いていますか?会社に入ってからも勉強出来る人、そして、新しい物事を柔軟に受け入れられる人ではないでしょうか。

私たちの業界や分野は常に進化し続けているので、何事にも柔軟に対応する力が必要です。それに最先端の技術などはネットで調べても当然出こないため、自分で調べていくしかありませんし、そうした部分に対応していくためにも常に勉強し続けることが大切だと思います。
はじめは分からなかった話も徐々に分かるようになると、また違った視点からの気づきがあるのでそれも面白さの一つかなと。

そんな考え方に共感できる方であれば、きっと成長出来ると思いますしそんな方と一緒に仕事をできたら嬉しいです!

インタビュー記事一覧に戻る

メニュー
エントリー