【営業職】T.S(2018年中途入社)

photo
2018年中途入社

いつごろ入社されましたか? 2018年の3月に中途入社しました。
前職は今と全然違って、機械の設計をやっていました。

photoなぜまた化学の世界を選んだのですか?
もともと大学でも化学をやっていたことと、やっぱり化学の分野が好きだったというのが大きいと思います。
それに、働く中で「自分は一日ずっとパソコンに向かう生活よりも、学んだ知識を活かして人と話をする方が好きだな」と思えたんです。前の会社では自分の希望することを実現するのはなかなか難しそうでしたし、そうしたことが出来るところはないかなと思って転職を考え始めたのがキッカケです。
今は営業部として、お客様と接する機会も増えたので自分のやりたかった仕事ができているかなと思います。

企業選定の理由と就活の軸を教えてください。
転職の際には大体10社ほど受けていました。エージェントを通して毎日数十社の案内が来ていましたが、中でも、化学でニッチな業界に特化した会社という点を気にしていました。

また、表立って有名な製品よりも、「これがないと世の中の多くは成り立っていないもの」や「みんな知らないけど、実はどこにでもウチの製品が使われている」といった【縁の下の力持ち】として主要なことをやっているところで働きたいと思っていました。

城北化学もニッチな分野で成果を伸ばしていたので、「私の働きたい会社」と思えたのが大きかったです。

実際に入社した今の印象を教えてください。面接の時も腹を割って話してくれる人が多かったので正直そこまでギャップはなかったかなと感じます。それに、「定時までに仕事を終えて帰る」という気持ちが強い人が多いと思います。決して仕事量が少ないわけではないのですが、みんな工夫していて18:00や18:30くらいには会社にもう誰もいない事が多いです。
こうした部分も面接の時に聞いていましたが、実際に入ってみて「あぁ、本当だったんだな」と思いました。

営業部の仕事内容を教えてください。営業部の中でも私が主に担当しているのは、既存のお客様の元に伺っていろいろな要望を聞き出したり新たな製品を紹介したりという業務です。

城北化学の場合は担当制なので現在は60社ほどを担当していて、基本的には訪問して新たなニーズやテーマを聞いたり、新規のお問合せに対して提案をしていくスタイルです。
【製品】を求める方よりも、「○○といったことをしたい」という【効果】を求める方がほとんどなので、その要望に応じて、自分の知識を交えてどうやって解決・解消するかを提案していきます。

photo新製品の紹介などもするのですか?
もちろん新しい製品が出れば、それをPRしていきますが、化学製品は規制が厳しいので、輸出入に関する手続きや費用面などで何かと障壁が多く、次から次へと新製品を出す業界とは少し違います。そのため、お客様の要望をどうやって叶えるのか、そこには自分の知識も大きく影響します。

それに、お客様が扱っている製品の素材や特徴にも詳しくならないといけないので、勉強するべき事がたくさんあって正直大変です。でも、ちゃんと理解してしっかり提案すれば、それが採用されていくことも多々ありますし、自分のレベルが上がれば、それだけ解決できる事も増えて、お客様に満足してもらえるので非常にやり甲斐のある仕事だと思います。

どんな1日を過ごすのか教えてください。
月末などでは少し業務が変わってきますが、週4日は外に出て、1日は社内業務に当てるといった感じですかね。大体の場合は9:00頃に出社して社内業務をこなし、午後はお客様の元へ訪問するといった日が多いです。
主に茨城、千葉、小田原あたりを担当しているので、遠方の場合は現地に直行して数件回ってそのまま直帰するケースもあります。

自分でスケジュール管理が出来る方であれば、とても働きやすいと思います。

入社してから今までで感じる自分の成長や変化があれば教えてください。入社してから今まで、がむしゃらにやってきているので、まだまだ「こんな成長ができました!」とは言いにくいというのが正直なところです、、、苦笑
ただ、多少慣れてきたことで、今までは一直線にしか見えていなかった物事が、どういう意味を持っているのかなどがわかってきたような気がします。
自分自身に足りないものも認識できるようになってきたので、そうした面では視野が広がったかなと。でもまだまだなので、「これからも常に勉強の積み重ねをしないと」と思っています。

城北化学はどんな会社ですか?コンパクトにまとまっていて風通しがいい会社だと思います。

承認まで早かったり、上の人と直ぐに話せるので割とコンパクトに何でもスピーディーに進められるところはかなりありがたいです。前職は上層部とあまり話すことはできませんでしたが、うちの会社は社長や上長とも話すことも多いです。社長は普段私たちがあまり行けない、いわき工場や大阪営業所を見てきて必要な福利厚生や働き方などを改善してくれるので社員を大切にしてくれているなと感じます。


photo

どんな人がこの仕事に向いていますか?この会社は、技術畑から営業になる人がほとんどなので、いわゆる世の中の「THE営業マン」という感じでは無いかなと思います。

どちらかと言えば、技術営業といったイメージに近く、自分の技術や知識を駆使して提案していくため知的好奇心がある方だとより向いているかなと。
それに、みんなで協力してお客様の課題を解決していくという雰囲気も強いので、チームとして動いていけることが大切ですし、そういった協力できる人が向いていると思います。

そうした営業チームに、また新たな仲間が加わったらとっても嬉しいですね。

インタビュー記事一覧に戻る

メニュー
エントリー